「頑張り屋さん」をやめよう

Luca's friendココロの部屋
"Luca" made by Kazumi for her exhibition at Sakatsu Gallery Tokyo 2020

このホームページを作るのに四苦八苦。

どれほどの方にアドバイスを受け、自分でも調べ、さんざん頭をひねったことか。

パソコンは表示するのにスマホは表示しない。カテゴリーを変更したのに変わらない。なんでなんで??

ある仕事のプレゼンでどうしてもホームページを完成させなきゃいけなくて、ウンウン唸りながら格闘。でも全然前に進まず時間だけが経つばかり。

 

同時進行で仕事を抱えているのでホームページだけにかかっていられない。今後のことも考えてWordPressはきっちり押さえておきたいけれど、私の本業である立体作品がおろそかになってしまう。そういやここしばらく粘土を触っていない。プレゼン用に作らなきゃいけない作品があるのに。ううう。どうするべ?

・・・と頭グルグルでしたが、もう諦めました!

「もう私では無理!!プロにお願いしよう!!」

 

そこでホームページのお直しをしてくださる方を知り、その方にお願いすることにしました。「ここをこうしてください」とポイント別に直して下さるのでトータルでおまかせするより料金がお安くすむし、頼みやすいのです。

 

しかも手早くやってくださるのがありがたい。私が何日もかけてウンウン言いながらやってることを、さすがプロです。サッとやってくださいます。「自分で調べて自分でやんなきゃ」と言う人もいますが、前述したように私は他にも仕事を抱えているので、これだけに集中していられないのです。でも、同時進行の仕事が終わったら、今後のためにゆっくり勉強しようと思っています。

 

結局何が言いたいかと言うと、

「自分の限界を知ろう」

ってことです。何もかも自分で抱え込まない。不得意なことは得意な人におまかせしよう。その時間で得意なことに力を注ごう、と。

 

「いや、自分のことは自分でやらなきゃ」

と何もかも自分でしょいこむ人がいます。頑張り屋さんで責任感があってエライ!って思うでしょうけど、こんな人が一番ウツになりやすいんです。一人で何もかも背負いすぎて、限界が来て心が折れてしまう。そしてウツになる。そうなったら大変です。「頑張りが足りなかった」なんてとんでもない理由で落ち込むわ、「ダメ人間だ」と自分を責めるわ、自信喪失して無気力になるわ。どんどん負のループに落ちてしまい、そうなると回復が大変です。

 

かつての私もそうでした。根は大ざっぱでいい加減なんですが、周りに完璧主義な人がいて、「もっとちゃんとしなさい!」とずいぶんしごかれました。こういう人って妙に神経質で細かいから、私みたいな大ざっぱ人間を見ると何もかもが雑に見えてイライラするらしいんですね。今思えばどうでもいいことを細かく注意され、「もっと頑張らなきゃ!」と追い詰められていきました。雑かもしれないけど、大ざっぱは長所でもあります。おおらかで細かいことは気にしない。海外に行くとこんな人は非常に適応しやすいんですが、日本だと几帳面タイプが大半なので「いいかげんな人」レッテルを張られ、神経質な人並みの頑張りをさせられるんです。

 

そして私も何もかも背負い、頑張りすぎてウツになりました。おおらかだった私が妙に神経質になってしまい、自信を失い、ちっとも幸せじゃない時間を過ごしました。でも、もう決めました。

「無理な頑張りはやめた!できないことはできる人にまかせよう!」

無責任と言われようが平気。メンタルを壊すよりよっぽどましです。真面目で頑張り屋さんね、って褒められてもさほど良いことはありません。信用してもらえるかもしれないけど、仕事や責任を押し付けられて都合の良いように使われるだけ。ますますストレスを溜めて、結局病気になってしまう。そんな人をたくさん見て来ました。

 

だから、自分の限界を知りましょう。

無理だと思ったらさっさとできる人にまかせましょう。

あなたの得意なことに専念しましょう。

そして、今度はあなたが得意なことでまかせられれば良いのです。

 

頑張り屋さんなんて言われて、何も良いことないです。

ちょっとぐらい適当な方が自分が楽だし、見てる方もゆとりを感じて心地いいのです。頑張り屋さんは必死さが出ててしまい、場の空気が緊張しやすいんです。

 

無理な頑張り、完璧主義を捨てましょう。

完璧なのは神様だけ。人間は欠陥だらけ、隙だらけ。だから気楽に生きていいんです。

 

あなたが今よりうんと楽に、ゆったり暮らしていけますように。

 

タイトルとURLをコピーしました